ど素人の挑戦

ど素人WEBディレクター奮闘記。とか言いながらほとんど雑談。

詐欺師にがっつり騙された話②

challengdirector.hatenablog.com

 

タニサキさん

「プルルルル。プルル。ガチャ」

 

私:あ、もしもしmixiの書き込みをみてご連絡させていただきました。サカモトと申します。まだ募集の方はしておりますでしょうか。

 

スタイリスト:あ、どうもこんばんは!タニサキと申します。まだ募集してますよー。ほんなら今度面接しましょかー。履歴書書いて持ってきてもらえますかー。

 

私:は、はい!分かりました!履歴書ですね。その他に何か必要なものはありますか?

 

スタイリスト:ん~。そやなー、特にないかな。そういえばサカモト君は仮に採用になった場合いつから動けるー??

 

私:え、あ、そうですね。いつからでも動けます!!

 

スタイリスト:ほんまに!?それめっちゃ助かるわー!というのも今何人か面接してるんやけど、みんな大阪以外のところに住んどるらしくて、すぐに働けないっていう子ばっかなんやわー。どうしよ、サカモト君ほぼ採用決定かもしれへんわー。

 

私:ほ、ほんとですか!?

 

スタイリスト:うん。でもほぼやで。やっぱり面接してみんと分からんこともあるから確定ではないけどなー。でも今こうやってしゃべってる感じみてもええ感じやしー、大丈夫やと思うわー。

 

私:ありがとうございます!

 

スタイリスト:んじゃ、1月10日に堀江のオレンジストリートまで来てくれますかー?車で迎えに行くんで、その辺のカフェで面接しましょかー。

 

私:分かりました。宜しくお願いいたします!

 

スタイリスト:あ、そやそや。一個忘れとったー。もしサカモト君を採用することになったら、その日のうちに仕事で使うパソコンとか買いに行って、一緒に必要なソフトインストールしようと思うから、お金用意して欲しいんやけど準備できるー?

 

私:分かりました!いくら準備すればいいですか?

 

スタイリスト:そやなー。MacのパソコンとiPadも買わなあかんから30万円くらいかなー?

 

私:え?30万円ですか!?すみません、そんなに準備できません。

 

スタイリスト:あ、ほんまー。大丈夫やでー。そしたらクレジットカードだけ持ってきといてー。

 

私:分かりました!

 

スタイリスト:ほな、宜しくね~。

 

私:ありがとうござます!失礼します!

 

「ガチャ。」

 

 

緊張しっぱなしの5分間が終わった。

 私はついに憧れのスタイリストへの第一歩を踏み出すことができるかもしれない。

 

あとはタニサキさんに気に入ってもらうことができれば、晴れてスタイリストアシスタントとして、仕事をすることができる!

 

私の未来は希望でいっぱいのはずだった。

 

 

面接

寒さが日に日に増してきた1月10日。

待ち合わせ場所に約1時間遅れて、タニサキさんはやってきた。

 

タニサキ:あー。ごめんごめん。ちょっと撮影が押してもうてなー。ダッシュで向かってたんやけど、もうちょっとで高速降りるってところで速度違反でポリに捕まってもうてん!もうほんま今日最悪やわ~。ガハハハハッ

 

タニサキさんは電話で話したときと同じようなテンションで、待ち合わせ場所に遅れた理由を説明してくれた。

 

タニサキさんの風貌はというと、身長は175㎝くらいのぽっちゃり体系。

年齢は多分20代後半。

口周りには無精ひげを生やしており、ポッコリ出ているお腹以外はいかにもオシャレな兄ちゃんという感じだった。

そしていかにも高級そうな革のジャケットを羽織っていた。

何よりも豪快な笑い方が特徴的だった。

 

とりあえず乗ってやー。と案内されたのは軽自動車の助手席だった。

助手席に案内されるのは至って普通だと思うのだが、私としてはもっと高級な車をイメージしていたので少し違和感を覚えた。

 

不安に感じている私のことを察したのだろうか、タニサキさんは続けてこういった。

 

タニサキ:この車ガラクタやろ!俺東京ではハマーに乗ってるんやけど、こっちで仕事するときの車がまだなくてな。しゃーなしこれやねん。だからサカモト君ももし東京で俺の仕事を手伝うときがあったら、ハマー運転してもらうからな!あれごっつでかいから多分難儀するでー。ガハハハハッ

 

タニサキさんは、主に東京と大阪でスタイリストの仕事をしており、最近大阪での仕事も増えてきたとのこと。なので大阪で乗る車を現在検討中らしい。

 

10分くらい他愛のない会話をしていると目的のカフェに到着した。

 

タニサキ:ここで面接しよかー。

 

そこは雰囲気の良いカフェで、読者モデルでもやっていそうな女の子や、オシャレなカップルでいっぱいだった。

 

ちょうどお昼時だったので、ランチをご馳走してくれることになった。

私は緊張で食事どころではなかったのだが、せっかくなので何か食べることにした。

 

タニサキさんはポークジンジャーを。私は野菜カレーを注文した。

 

料理が運ばれてくる間に面接を行うことになった。

 

タニサキ:履歴書持ってきてくれた?

 

私は持ってきた履歴書をタニサキさんに渡した。

 

タニサキさんはしばらく履歴書に目を通していたが、その後履歴書をに触れることはなかった。

 

一通り履歴書に目を通し終わると、タニサキさんは自分が手掛けている仕事について話し出した。

 

タニサキ:そういえばこの前、嵐と仕事してん。むっちゃ大変だったわー。

 

確かに当時、嵐が出演する「Wiiパーティ」や「マリオカート」のCMがテレビで流れていた。

 

タニサキ:嵐が出演してる任天堂WiiのCM知ってる?あのスタイリスト俺やねん。

 

私:ほんとですか!?すごいですね!

 

タニサキ:あいつら我儘やから現場の人間は苦労するわー。サカモト君もそのうち経験することになるでー。ガハハハハッ

 

その後もタニサキさんは料理が運ばれてるくる間、自分が手掛けた仕事をiPadを使いながら丁寧に説明してくれた。

 

iPadの中には、スタイルの良い外国人モデルがパリコレに出てくるような奇抜な洋服を身にまとい、ポージングを決めていた。

 

 私はそれを見ながら、これから超一流のスタイリストと一緒に仕事ができるかもしれない。

そして将来、自分自身も同じようにいろんな芸能人やモデル相手に仕事をしてみたいと、心躍らせていた。

 

今、思い返してみるとタニサキさんは本当によくしゃべる人だった。特にスタイリストの苦労話と、人の悪口や噂話が大好きな人だった。

 

 

採用

やっぱり出された食事にはほとんど手を付けることができなかった。

緊張しすぎて食べたカレーをもどしそうになった。

 

タニサキ:このポークジンジャーまっずいわー。なにこれ?ゴム食べてるみたいやわー。ガハハハッ

 

店員さんが近くにいるにも関わらず、タニサキさんは料理にも文句を言っていた。

 

タニサキ:サカモト君全然食べてへんやん!もうええんか?スタイリストになったら食事の時間なんてほとんどないんやから、早食いの練習しといた方がええでー。

 

私:すみません。ちょっと緊張しすぎて食事どころではなかったです。

 

タニサキ:そかそかー。ほんなら店出よかー。

 

タニサキさんはお会計をするために、財布からお金を取り出した。

ごっつい財布からは100万円はありそうなお札の束が見えた。

 

やっぱりスタイリストは儲かる仕事なんだ。

そしてタニサキさんはすごい人なんだと改めて思った。

 

カフェから出ると再び車に乗った。

 

私:これからどこに行くんですか?

 

タニサキ:サカモト君のMaciPad買いに行かなあかんやろー!

 

私:え?ってことは採用してくれるってことですか?

 

タニサキ:そういうことやー!

 

私:ありがとございます!!!

 

ついに私は、スタイリストのアシスタントとして採用されることになった。

この時、めちゃくちゃ嬉しかったのを今でも覚えている。

大学の友達連中よりも一足先に、就職先を決め、しかも自分が一番好きなファッションの世界で働くことができる。こんな嬉しいことはなかった。

 

タニサキ:スタイリストの仕事について何か聞きたいこととかある?

 

私:えーと。タニサキさんは普段どんな仕事してるんですか?

 

タニサキ:そやなー。さっき言ったみたいに、撮影の現場に足を運んだりもするけど、それはオマケのようなもんでな。実際は服をリースしたり、時にはリメイクしたりするのに膨大な時間がかかるんよ。あとは打ち合わせにもかなり時間かかるし。一見華やかな世界に見えるけど実際は結構地味な仕事ばっかりやで。ほんまに洋服が好きな奴しか続かんと思うわ。

 

私:そうなんですね。自分も頑張ります!

 

タニサキ:だからセンスよりも、根性とかの方が大切やねん。サカモト君は未経験やけど野球やっとったみたいやし、大丈夫や!3年も頑張れば一人前のスタイリストになれるで!

 

 

高級そうな革ジャンを着ていること

東京ではハマーに乗っていること

嵐やパリコレモデルのような有名人と一緒に仕事をしていること

財布に100万円入っていること

未経験でも大丈夫という言葉

 

 

今考えればいかにも胡散臭いが、その時の私はタニサキさんを完全に信じ切っていた。

そして夢はどんどんと膨らんでいった。

 

 

時すでに遅し

しばらく車を走らせると、タニサキさんはパソコン専門店の近くで車を止めた。 

 

タニサキ:実はなこのショップの店長さんと俺知り合いやねん。すでにサカモト君の話はしとってな、割引価格でMacを購入できることになってんのや。

 

私:ほんとですか?ありがとうございます!

 

タニサキ:あ、クレジットカード持ってきてくれたー!?

 

私:はい!持ってきました!

 

タニサキ:一緒に行ってサカモト君のことも店長さんに紹介したいところやねんけどな、ここ実は駐車禁止区域なんや。やからサカモト君留守番しとってくれる?

 

私:え?一緒に行かないんですか?

 

タニサキ:おれがパパッと買ってくるからちょっと待っといてー!

 

私:分かりました。

 

タニサキ:ほんならクレジットカード貸してくれる?あとパスワードも教えてー。

 

 

当然だが、クレジットカードを他人に渡したことも、パスワードを教えたことも初めてだった。「ほんとに大丈夫か?」という言葉が一瞬頭を過ったが、自分の人生を導いてくれるタニサキさんのことを信頼することにした。

 

 

私のクレジットカードを持ったタニサキさんは、パソコン専門店の方へ”向かっていった”。

 

というのも車を止めている場所からパソコン専門店は角度的に見えない。なので車の中からタニサキさんを目で追っても、パソコン専門店に入る瞬間は見ることができないのだ。

 

 

タニサキさんはなかなか戻ってこなかった。

自分の中では10分くらいで戻ってくるだろうと思っていたが、30分経っても戻って来なかった。だんだんと不安になってきた。そりゃそうだ、出会ったばかりの他人に自分のクレジットカードを預けているのだから。

 

タニサキさんは本当にパソコンを買ってきてくれるのだろうか?

不安は更に大きくなっていった。

 

 

40分を経過した頃だろうか。タニサキさんが小走りで戻ってくるのが見えた。

 

タニサキ:ごめんごめん!ちょっと店長と話込んでた!

 

タニサキさんが戻ってきたことに安心はしたが、その手にMacは持っていなかった。

 

私:Macのパソコンは買わなかったんですか?

 

タニサキ:買ったでー!でも在庫がなかったから、俺の事務所に送ってもらうことにしたー!今日はソフトインストールできひんけど、届いたら俺が勝手にやっとくわー!

 

どうやら私の不安は杞憂に終わった。

タニサキさんはやっぱり信頼できる人だった。

 

私:今日はこれで終わりですか?

 

タニサキ:せっかくやから仕事仲間のカメラマンのところに挨拶行っとこかー。

 

私:挨拶ですか?分かりました!宜しくお願いします!

 

 

パソコンを購入した後、タニサキさんと私は、仕事の仲間のカメラマンさんのところへ挨拶へ行くことになり、引き続きタニサキさんは車を走らせた。

 

目的地は聞かなかったのだが、15分くらいで到着するとのこと。

 

車内では具体的な仕事の話をした。

 

まず、最初の仕事はアイロンがけ。

アイロンがけが慣れたら次に洋服をリースする仕事をタニサキさんから引き継ぐ。

ヴィトンの店長さんはみんな厳しい人達だから礼儀には気を付けろと教えてくれた。

 

話も弾み、だんだん緊張がとれてきた私は、急におしっこが我慢できなくなった。

カメラマンさんの事務所に着いてからにしようと最初は思っていたが、限界が近づいてきたので、トイレに寄ってもらうことにした。

 

私:タニサキさんすみません。ちょっとお手洗いに行ってきてもいいですか?

 

タニサキ:ええで、ええで!もうちょい待ってや。あそこの百貨店前で車止めるわ。

 

私:ありがとうございます。すぐに行ってきます!

 

タニサキ:ここで待ってるわな。

 

私は漏れる寸前だったため、携帯電話以外の荷物をすべて車に残したまま、飛び出した。

 

私がトイレに行っていた時間はおそらく5分にも満たなかったと思う。

 

急いで同じ場所に戻ってきた時、タニサキさんの車はどこにもなかった。

 

 続く。