ど素人の挑戦

ど素人WEBディレクター奮闘記。とか言いながらほとんど雑談。

「キャリアプラン」っちゅうものを考えてみた

20代の頃は何をしていて

30代はこうやって出世して

40代でこういう立場になっていて

50代は新しく〇〇にチャレンジしよう!

 

といったように自分のキャリアプランを考えながら、人生を歩んでいる人はどれくらいいるのだろうか?

 

少なくとも私は27年間そのような類のことは考えたことが無かった。

ただ漠然と500万円くらい貯金が欲しいなとか、35歳くらいには結婚したいなくらいにしか考えてこなかった。

 

今もそんな感じ。

 

でも、そろそろもう少しちゃんとした人生計画を立てた方がいいんじゃないかと思う今日この頃な訳です。

 

流石に一生独身は嫌だし、自分の子供にも会ってみたい。

 

仕事に関しても、どうしてもやりたくて今の仕事をしている訳ではないが、面白いなと感じる瞬間はあるので、もう少し幅を広げていろんなことに挑戦していきたいと思っている。

 

 

クソデカい壁

自分のキャリアプランを考える上でどうしても避けては通れないことがある。

 

借金だ。

 

私は奨学金を借りて大学に行った。

学費はもちろんのこと、生活費まで借りていた。

高校生のころ、奨学金を借りて大学に行くことは知っていたのだが、将来こんなにも苦しい思いをするとは想像していなかった。

 

大学を卒業すると同時に、毎月約4万円を支払っている。

もうマジで地獄。

普通に生活をしていたら赤字になるレベルでやばい。

 

もしもタイムマシーンがあったら大学生の頃の自分に会って、

 

「お前の20代は借金でまともに生活ができないから少しでもお金儲けの勉強をしとけ!できれば投資とかアフィリエイトとかそっち系の勉強を死ぬほどしろ!そして大学生の内から借金の返済プランを考えろ!」

 

と言ってやりたい。

 

その借金は、私が43歳になるまで毎月返済しなければならない。

あと15年だ。

な、長すぎる。これはシャレにならん。

 

 

 

節約して貯金をするしかない

投資をするにしても何をするにしても、ある程度まとまったお金がないと何もすることができない。

 

給料はそんなにすぐには上がらないので、今すぐできることとしては生活費を見直し、節約すること。

 

1ヵ月の中で自分が何にお金を使ったのかを書き出して見ると、圧倒的に食費の割合が大きかった。当時はすべて外食だったので、飲み代も合わせると月に5万~6万円も使っていることが分かった。

 

食費を3万円に抑えると、3万円も貯金ができるではないか。

自分のキャリアプランを真面目に考えないとこんな簡単なことにも気づかないんだなと、改めて自分の無能さに気づかされましたよ。

 

毎月3万円貯金をするとして、わずかなボーナスも合わせたとして3年間頑張れば150万年くらいは貯めることができると分かった。

 

150万円あればなにかできる!

とりあえず3年後のお金の目標が決まりました。

 

借金さえなければ、月に7万円も貯めれるのにな。

 

このブログでもマネタイズができればいいな。

何年かかるか分からんが...

 

 

 

給料を上げる

中小企業でしかも歩合制とかでもないので、劇的に給料が上がることはない。

でも今の仕事は絶対に手を抜かずに頑張ろうと思う。

 

給料が上がる仕組みはある程度明確で、3ヵ月毎に目標を4~5つ決める。

例えば、入会数を増やしますとかコンテンツの売上を〇〇%アップさせますとか。

で、その目標が達成できれば3ヵ月で最大3万円程度上がるというシステムだ。

 

目標が大きかったりすると難しかったりするのだが、頑張れば年に4万円程度給料を上げることができる。

 

逆に頑張らなければ全く給料が上がらないシステムになっているので、なんとしても目標はクリアしたいところ。

 

 

 

スキルアップ

一番のポイントはここ。

とにかく勉強してできることを増やすしかないと思う。

 

WEBディレクターとして今の会社で活躍できたとしても、他の会社では全く通用しないというレベルでは正直使い物にならない。

自分の会社でのみ重宝される存在で終わるのは嫌だ。

そのためには、もっと外の世界に出ようと思う。

具体的には外部の勉強会に積極的に参加すること。

 

今まで一度もセミナーや勉強会といった類には参加したことが無かった。

スキルアップのため、今の自分の実力を知るために参加してみようと思う。

まだ20代。恥かいても屁でもねぇぜ!

 

あとは、お金の勉強。

ある程度まとまったお金が貯まったら、投資にチャレンジしてみようと思う。

投資にもいろいろな種類があるので、まではっきりと決めていないがとにかくやる。

 

43歳よりも前に借金を返済するためには必須と考えている。

 

 

 

まとめ

キャリアプランとかいいながら、ただの決意表明みたいになってしまったけれど、まぁ初めはこんなものでしょう。

 

貧乏を脱出するためには、工夫と勉強が大切ということが分かっただけでも良しとしよう。

 

 

終わり。