読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ど素人の挑戦

ど素人がIT企業で頑張る物語。オススメの音楽を紹介したり、たまにイラストを描きます。

e-typingというタイピングツールを使って、劇的にタイピングが上達した話

周りにタイピングがアホほど早い人っていませんか?

 

私が勤める会社にも何人かいましてですね。

 

もうすごいです。見てると火を噴くんちゃうかな~ってくらい速いです。

 

手元なんかもう高速過ぎて目で追えたもんじゃありゃしません。

 

f:id:kenshisakamoto:20170503135923j:plain

 

冗談抜きでこんな感じ(笑)

見てるとわろてまう。

 

 

私はと言いますと、一年前までタイピングが

 

超ーーーーーー苦手でした。

 

IT企業に勤めているにも関わらずです。

マジで絶望的でした。

 

タイピングが遅いのが何でダメかっていうと、やっぱりね。

 

仕事が全然終わらんのです。

 

特に入社したばっかりの時はメール対応が主な仕事だったんですね。

 

んで、一日に100件以上のメールをさばかないといけない訳です。

 

100件ですよ!!!!!

 

ほんまアホちゃうかと思いながら毎日毎日キーボードを叩いていました。

 

定時過ぎても相変わらずメール対応している私をみて、先輩に

 

「お前もうええから、帰りや。」

 

と言われ、先輩に余計な仕事を増やしてしまったという罪悪感を感じながら会社を後にするというのが日常になっていました。

 

 

そこでこれはなんとかしなあかんなと思い、タイピングツールを検索したところ

 

e-typingイータイピング)というタイピングツールを見つけました。

 

www.e-typing.ne.jp

 

もうかれこれ、1年以上使っている私の相棒のような存在です。

 

このイータイピングを使って、まずはブラインドタッチを身に付けようと思いました。

 

 

ブラインドタッチを身に付けるためにやるべきこと

ブラインドタッチを身に付けるためには、まずキーの位置を覚え、体に染みつかせる訓練をする必要があります。

 

f:id:kenshisakamoto:20170503141421j:plain

 

イータイピングには、基礎練習の項目があるので、そこでまずは徹底的にキーの位置を覚える!

 

むっちゃ地味ですが、私も最初は毎日こればっかりやってました。

 

頑張りましょう!タイピング上達のための一歩です。

 

あ、あとイータイピングをする前に必ずアカウント登録を済ませておきましょう!

アカウント登録をしておくことでカルテ機能が使えます。

これはあとで紹介しますね!

 

 

自分の実力を知る

ブラインドタッチがある程度できるようになったら、自分のレベルを知るために「腕試しレベルチェック」にチャレンジしてみてください!

 

イータイピングでは0~1000点で評価してくれます。

 

ちなみに私の初めての腕試しは

 

1000点満点中100点でした...

 

なかなかヘボイ点数なので、タイピングが遅くて悩んでいる人も下には下がいると安心してください(笑)

 

 

 

カルテ機能がやる気をアップさせる

先ほど少し触れたカルテ機能を少し紹介。

 

f:id:kenshisakamoto:20170503143423j:plain

f:id:kenshisakamoto:20170503143516j:plain

 

こんな感じで毎日の腕試しレベルチェックを記録してくれるんです。

この可視化がモチベーションアップに繋がるので、イータイピングは継続しやすいタイピングツールだと思います。

 

 

 

練習のコツ①:毎日練習する

確実に言えることがあって、それはタイピングは一朝一夕では上達しないということ。

なので少しでもいいので、必ず毎日練習することをお勧めします。

 

私の場合は、毎朝必ず練習するようにしています。

ルーティン化のコツはルールを作ってしまうことです。

 

私は、朝起きて歯を磨いてパソコンの電源を入れたらまず一番にイータイピングを立ち上げるようにしています。

 

そうすればもう練習するしかないですよね。

 

朝起きて歯を磨く感じでパソコンの電源を入れたらタイピング練習をする。

というようルールをつくっちゃえばいいのです。

 

 

練習のコツ②:疲れるまでやらない

朝から10分も20分もやる必要はありません。

特に朝は時間がないですよね、だから3~5分でいいです。

長時間やると疲れてしまいますし、継続のハードルが上がります。

 

朝起きて3分くらいだったら継続できそうだと思いませんか?

 

 

 

練習のコツ③:都合のいいカルテを作る

先ほど紹介したカルテですが、モチベーションアップのツールにもなりますが、使い方を間違えるとモチベーションが下がってしまうので要注意です。

 

というのも日々の成果が目に見えて分かるので、もし不調の時の記録ばかりを残していたら、テンションが下がってしまいます。

 

よし頑張ろう!というときに右肩下がりのグラフは見たくないですよね。

でも実際にあり得る話なんです。

いくら練習していても不調のときはありますから、成績が悪くなる瞬間はあります。

 

だから、調子のいい時だけ記録すればいいのです。

 

f:id:kenshisakamoto:20170503145422j:plain

 

腕試しレベルチャレンジが終わるとこんな画面になります。

 

「もう1回」または「閉じる」

 

を選択すればカルテには記録されないので、いい記録が出たときだけ「登録」するようにしましょう!

 

私も基本的に調子のいい時しか記録しないので、いつでも右肩上がりの気持ちいグラフを見ることができます。

 

この右肩上がりのグラフをみて

 

うん!オレ成長してる!と思うことが何よりも大切。

 

 

 

今では350点を超えるまでに成長

イータイピングに出会う前はブラインドタッチすらできず、腕試しレベルチェックをしても100点しかとることができなかった私も、今では350点以上の点数を出せるまでに成長することができました。

 

私は特にタイピングが苦手な方だったたのでここまでくるのに1年間もかかってしまいましたが、恐らく他の人が同じように練習すれば半年もすればできるようになるんじゃないかな。

 

いや!私は絶対に上達しない!という方も1年やってみてください。

300点は超えますから。

 

 

 

目指せプロフェッサー

現在私の最高点は363点でランクはninjaです。

点数ごとにランクを付けてくれるのもイータイピングの楽しいところ。

確か280点以上のポイントを出すとアルファベット以外のランクを付けてくれます。

 

イータイピングのおかげで、1年前と比べると随分タイピングスピードは早くなりましたが、まだまだ早くなりたい!

 

ninjaの次のprofessorを目指し日々練習中です!

 

 

 

おわり。