読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ど素人の挑戦

ど素人がIT企業で頑張る物語。オススメの音楽を紹介したり、たまにイラストを描きます。

何やっていいか分からんから、一番偏見を持っていたことにチャレンジした話②

challengdirector.hatenablog.com

※前回の記事はこちら

 

とらのあな

とらのあなって知ってます?私はオタクと触れ合うことを目的としにここでアルバイトをした。

 

www.toranoana.jp

 

自分は全然知らんかったんやけど、結構有名なショップらしい。

 

普通にワンピースとかの単行本も売ってるし、同人誌とかアニメのCDとかエッチなDVDや漫画が沢山売ってある。

 

てか最初は、同人誌ってなに?って感じだった。完全にど素人丸出し。野球がしたい!って言ってるのにグローブってなに?ピッチャーって何?って言ってるのと同レベルだと思う(笑)

 

 

そんな何も知らない私にも優しく教えてくれる先輩たちは沢山いたので、なんとかかんとか仕事を覚えることができた。

 

 

で、このショップで働いてみて、オタク(お客さん)と触れ合ってみて感じたことは、みんな「情熱をもってるなー」ってこと。そしてお客さんはみんなええ顔して買い物する。

 

 

目当ての商品が発売される日には、必ず開店前から行列ができる。っていうか毎日開店前から行列ができてた。毎日なんかしらの発売日やからね。そしてこれは人にもよるんやけど、マジか!?っていうくらい大量の商品を購入する。

 

一人で50点近くの商品を買うツワモノもいる。50点やで?(笑)レジ打ちして袋に入れるまで10分以上よゆーでかかる。

 

 

あ、ちょっと急にでレジ打ちしてた時のこと思い出したんやけど、ああいうショップのレジ係ってめっっっっっっちゃ!めんどいよ。

 

 

何がめんどいかというと、おまけみたいなんがクソ多い。

というのも、ポストカードみたいなんがいちいちついてくるんよ。んでそれをバックヤード的なところから探して1つ1つ入れなあかんからアホほど時間かかる!!

 

 

えーと、話戻すな。

んで、50点くらい購入した人の最終的な金額を見ると、3万円とか普通に超えてるんよね。ほんまに好きじゃないとここまでできないと思う。そして大概これくらい買う人は月に1~2回来て、必ず3万円以上買って帰る。給料のほとんどを使ってるんじゃないかな?なんか、人生かけてるな!ってのを感じた。

 

 

ショップに勤めても最初の方はやっぱりキモいなー。って思ってたんやけど、接客をしていくうちに、ここまで自分の中の「好き」を突き詰めることができるって才能だなと。純粋にすげーなと。おれはここまで物事を好きになったことはないかもしれない。いや、ないな。

 

こんな風にして、少しずつオタクに対しての考え方が変わるようになった。

 

あいつらはただ単純にエロい漫画やフィギュアを買い求めているんじゃない。漫画やフィギュアがあいつらの人生なんだ。

 

 

いや、知らんけどね

 

 

あと、同じ職場で働く人たちもやっぱりオタクでした。自分の好きな漫画やアニメ、エロ雑誌が発売された日には、お客さんとして大量に買っていく。確か少しだけ社割があったのかな?詳しいことまで覚えてないんやけど、本当に好きだから仕事をしているんだなぁ。というのを感じる瞬間が多かった。恐らくアルバイトスタッフで何も購入しないのは私だけだった気がする(笑)

 

 

そしてそんな私は、そのアルバイト先で誰一人として友達を作ることができなかった(´;ω;`)

 

 

余談

これは私が勤めていたショップだけかもやけど、18禁コーナーだけフロアが分かれてたたんよね。もちろんそのフロアを担当することもあった。んでそこに行くとむちゃくちゃ熱気がすごい(笑)マジで尋常じゃないくらい!

 

特に夏になるとエアコンが全っく効かない。それくらい蒸し返してた。そうなんです、理由はエッチな商品を選んでいるからなんです。選びながら興奮してるので、知らず知らずのうちに男汁が熱気として出てるんです!(笑)興味がある人はぜひ行ってみてね(笑)

 

オエッてなりそうになるから(›´﹃`‹ )

 

 

ナイトクラブ

 正直、ナイトクラブでの経験はかなり貴重だった。そしてカオスだった。

まさか自分が夜の店であんな仕事をすることになるとは思ってもいなかった。

 

まず、ナイトクラブってどんな仕事すんの?って感じだと思うので、軽く紹介。

 

  • ドリンカー
  • ホール
  • 裏方
  • VIP担当
  • 受付

基本的には、この5つの仕事から成り立っている。

 

ドリンカー

そのままやけど、ドリンクを作る仕事。クラブには沢山のお酒の種類があるのと、素早く作らないといけないので、かなり大変です。私が勤めていたクラブは最大で2,000人くらい入るデカいとこやったから、ドリンカーはマジで死ねる。でもかなり花形ポジション。女の子との絡みも多いためモテる。

 

ホール

フロアを常にきれいな状態に保つ仕事。主にフロアに落ちたごみを拾ったり、こぼれた飲み物を掃除したりします。かなりの頻度でおゲロに出会うため、基本的に汚物処理班的な立ち位置。営業中は照明がくらいので、おゲロの処理は大変。基本的に後輩がやる。

 

裏方

バックヤードからお酒を補充する仕事。何十杯というお酒が一瞬でなくなるので、常にドリンカーのお酒のストック状態を把握し、管理する必要があります。基本的に力仕事なので女性スタッフはあまりやらない。結構サボれるのでやりたがる人はいる。

 

VIP担当

ナイトクラブにはVIPルームという特別な場所がある。そこには豪華なソファがあり、ダンスフロアと別れているため、ゆっくりお酒を飲みたいという人達のために用意された場所。たまに有名人も来る。そこで接客をする人。VIPルームといっても基本的は誰でも入れる。5万円くらいの予算で入れるので学生とかも度々くる。(5人で席に座れば1人1万円程度)

 

受付

来店されるお客様からお金をもらって、ドリンクチケットを配布する仕事。ここでは厳しい身分証チェックがある。たまに未成年者が友達から身分証を借りて強引に入店しようとするケースがある。また、ここには屈強な肉体を持つ”セキュリティ”と呼ばれる人たちもいて、手荷物検査なども行う。

 

ちなみにセキュリティは、総合格闘技やキックボクシングを現役でやっている人達で、喧嘩などのトラブル対応を主にしてくれる。スタッフには基本優しいですが、お客さんと揉めてるときはほんとまじでエグイ。そして喧嘩強すぎ(笑)

 

 

初めての仕事

私の配属先はVIPルーム担当だった。なんとなーく仕事の説明を聞いていると、基本的には飲食店のホールと同じような感じだったので、正直、むっちゃ簡単やん!この仕事やったらクラブじゃなくてもよかったかもな....くらいに思っていた。

 

しかし、VIPルームにはある特別なシステムがあり、私はその仕事をまず覚えろ!それがVIPルームの売上を左右する!と教えられた。

 

その仕事とは、ダンスフロアから一般の女の子に声をかけ、VIPルームまで連れてくるというものだった。

 

いまいちよく分かりませんよね?(笑)

 

要するに、お金持ちのお客さんの横に女の子を座らせてシャンパンを沢山おろしてもらおうということ。要するにキャバクラみたいなもん。でも女の子は一般の子なので男からしても、ハードルは下がる訳です。

 

ハードルが下がるというのを少し言い換えると、ワンチャン狙えるかもしれないぞ。ということ。

※ワンチャン=ワンナイトラブ

 

このワンチャン狙えるかも!というのがVIPルームの醍醐味だった。

 

ただ、女の子にもメリットはある。それは高級なシャンパンやお酒を奢ってもらえるということ。男女ともにメリットがるので、VIPルームは大人気だった。

 

VIPルームの売上を上げるために女の子に声をかける仕事、これね、最初はめっちゃ緊張するし、女の子に無視されまくりだった。正直死ぬほどへこんだし、やり方も良く分からんかった。

 

んで、私は思った。これナンパやん。

 

おれの仕事ナンパやん。と。

 

 

ここで、女の子に声をかける仕事をする中で傷ついた言葉ベスト3を紹介

1位 舌打ち

2位 無視

3位 うっさい

 

1位と2位はもう言葉ですらない。人間として見られている気がしませんでした(笑)

 

 

えー。話を戻しますね。

失敗を繰り返しながらも数十人と女の子に声をかけていくうちに、コツがわかってくるんです。

 

大切なのは

 

  • 安心感を与える
  • おいしいシャンパンが飲めるというメリットを伝える

 

やなと。

 

ここだけ抑えておけば、大体成功する。

 

 

数百人という女の子に声をかけ続けた先にあったもの

結論からいう。

 

 

自分自身がチャラ男になっていた...(笑)

 

 

やっぱりね。毎日毎日女の子に声をかける仕事してると、嫌でも仲良くなる訳ですよ。その中には毎週にように来てくれる常連の女の子もいる。その子たちはかつて私が苦手だった、絵に描いたようないかにも尻の軽そうな女の子ですよ。

 

数年前なら、絶対に近づきたくもなかった、話をすることも拒絶していた人種ですよ。

 

ちょっとしゃべってみるじゃないですか。

 

めっちゃ楽しんですよ。いや、マジで(笑)

 

お酒はよく飲むし、よくしゃべるし、よく笑うし、エロい服着てるし(コラ)

 

あ、あとねクラブの店員さんは営業のためなら、若干お酒飲んでもOKっていう暗黙のルールがあったりするんですね。だから私も女の子と一緒にしゃべりながらお酒飲む訳さ。もちろん勤務時間中に、だって女の子としゃべるのが私の仕事で営業だものと自分に言い聞かせながら。

 

 

クラブでの経験を経て、自分が一番なりたくなかったものでも簡単になれるんだなと、嫌なことでも環境次第では好きなものに変わる可能性だってあるんだなと、そんなことを学んだ。

 

あと、自分が体験してもないものを批判したり、苦手とか嫌いとかいうのはよくないなと、すべては体験しないと分からないし、頭ごなしに決めつけるのは世界を狭くするだけなんだなと、思ったりもしました。

 

 

めでたし、めでたし。

 

 

次回!ホンモノのお金持ちに共通するある特徴とは??

※気が向いたら続き書きます(笑)