読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ど素人の挑戦

ど素人がIT企業で頑張る物語。オススメの音楽を紹介したり、たまにイラストを描きます。

食戟のソーマの幸平創真がイケメンすぎる件

f:id:kenshisakamoto:20170409112112j:plain

食戟のソーマってみたことあります?

週間少年ジャンプで連載中の料理バトル漫画なんですけど、これが面白い。

最近ネットフリックスでアニメ版が追加されたので、さっそく見てみた。

 

  • 親しみやすいテーマ(料理)
  • バトル要素
  • 可愛い女の子が沢山いる(そしてみんなオッパイが大きい!)
  • ちょいエロ
  • 主人公の成長物語

 

f:id:kenshisakamoto:20170409112715p:plain

※いや、何カップだよ!おっぱいでかすぎな(笑)好きやけどもぉ!

 

 

とまあ、こんな感じでまさにジャンプ!っていう要素がたくさん盛り込まれていて、とにかく時間を忘れて見てしまう。

 

もともと漫画を読んでいたので内容自体は知っていたのだが、アニメ版は漫画以上に面白いと個人的に思う。漫画では表現しきれない部分がアニメ版ではうまく表現できていて、より料理のおいしさが伝わってくる。

 

f:id:kenshisakamoto:20170409113058p:plain

特に、おいしい料理を食べたあとの回想シーンがたまらなくエロくて面白い!

 

 

自分より実力が上でもお構いなし!勝負を挑む姿がイケメンすぎる!

んで、ここからが本題なんやけども、主人公の幸平創真の行動がめちゃくちゃイケメンな訳ですよ。

 

特にそれが感じられたのが、エピソード11の「東から来た魔術師」という回。

 

内容をざっくりと説明すると、料理合宿中に幸平創真と同じ寮に住む田所恵が退学の危機に追い込まれてしまいます!

 

そこで幸平創真は田所ちゃんの退学理由に納得がいかず、審査員である四宮小次郎シェフに食戟を吹っ掛けるのです。

 

※食戟とは料理バトルのことで、自分の料理人生をかけた戦いのこと

 

そして結果的に食戟に勝てば、田所ちゃんの退学は回避。負ければ田所ちゃんも幸平創真も退学になってしまう。という状況になってしまいます。

 

しかし、相手の四宮小次郎シェフはフランスに店を構える超一流の料理人で、到底学生では勝ち目はありません。

 

でも、でもですよ!幸平創真はそんなのかんけーねーってな感じで勝つ気満々なわけ。仲間を守るために自分の退学をかけてでも挑む姿勢がカッコ良すぎる。

 

 

 

田所ちゃんを守った理由がイケメンすぎる!

f:id:kenshisakamoto:20170409115329p:plain

 

田所ちゃんはしくしくと涙を流す訳です。

 

「創真君は合格してたんだから、私なんかほっとけばよかったべさ...」

 

まあ、田所ちゃんからすればなんでそこまでして私さ守るのさーって感じやわな。

うんうん。

 

でも幸平創真はそれに対してこう返事します。

f:id:kenshisakamoto:20170409120357p:plain

 

「お前、たまに方言出るときあるよなーー(ヘラヘラ)」

 

「それ今言うことーー!」

とすかさず田所ちゃんもツッコミ(笑)

 

んで、その直後

 

「私、なんて誤ったいいか....」という田所ちゃんに対して

 

 

「別に俺が勝手にやったことだし、謝ることねぇけど。」

「それになんで勝負を挑んだかって?決まってんじゃん。田所はこんなところで落ちていいやつじゃないからだ!」

 

f:id:kenshisakamoto:20170409121055p:plain

 

田所はもっと上を目指せるレベルだから、こんなところで退学になるのはもったいない。ましてはあんな不当な理由で退学だなんてありえねぇ。くだらねぇ理由ばっかり並べるあの眼鏡勝ち割ったるわ!

※勝手な解釈(笑)

 

と言わんばかりの一言

 

イケメーン!

 

また一旦、ヘラヘラしていからの名言。田所ちゃんはドキドキでしょうな。

こういう緩急がつけられる男ってモテるんだろうなー。メモメモ。

 

あとやっぱり、間違っていることは間違っている。正しいことは正しい。と、目上の人でもはっきりと言える幸平創真はすごい。会社にいたら、間違いなく一目置かれる存在やな。

 

 

幸平創真に注目していたらモテの極意が学べそう。

これからも食戟のソーマに注目しておこう。

 

 

まとめ

  • 勝てるかどうか分からない相手に対して、物怖じせずにチャレンジする行動力がイケメン
  • 誰に対しても間違っていることは間違っていると、信念をもってはっきり言える発言力がイケメン